ウミガメにさわったら罰金$500のハワイで亀をぶん殴ってしまった…

 

 

どーも、皆さんこんにちはスパーニートブロガーのSatoruです。
新年あけましておめでとうございます。

 

 

本日はタイトルの通り、「ワイキキビーチで泳いでいたら亀をぶん殴ってしまった話」を記事にしていきたいと思います。

 

 

まず、最初にみなさんにお伝えしたいのは、ハワイでウミガメに触ったら$500以上 の罰金だということです!!

 

 

 

観光客の皆さん!!  ハワイではウミガメにさわっちゃいけないんです…

 

 

亀にさわったら罰金と言いながら、僕は触ったというより、もうぶん殴っちゃってますからねww

 

 

 

*決して、僕が中二病ということをお伝えしたいのではなく、あくまでも僕の場合は事故なのでそこのところご了承ください。

 

 

 

 

ハワイは海洋生物の宝庫といっていいほど、野生の亀やイルカ、クジラといった様々な海洋生物に遭遇することができます。

ハワイで見ることのできるウミガメや、ハワイ固有種であるアザラシ(モンクシール) は絶滅危惧種に指定されており、とても大事に保護されています。

 

 

https://www.instagram.com/p/BmvDqjtgIXr/

(モンクシール)

 

 

特にハワイでは、ウミガメは「ホヌ(ハワイ語でウミガメを表す言葉)」と呼ばれ、“幸運を運ぶ海の守り神”とされているので、触ることはおろか、半径3メートル以内に近づくことも禁止されているんです。

 

 

しかし、観光客の多いハワイでは、浦島太郎に出てくるいじめっ子のごとく、亀をいじめる輩が存在するんですよ。

ハワイ州ではそういった輩を厳しく取り締まっていて、過去にはとても高額な請求が来たという例もありますので、観光で訪れる際は是非とも見守るだけにしてあげてください。

 

 

 

このようにハワイでは海洋生物は大切に保護されているわけなのですが、僕は一度だけこのウミガメをぶん殴ってしまったことがあります。下記に詳細を記しますので気になる方はご覧ください。

 

 

 

ハワイでは、ウミガメは主にノースショアと呼ばれる地域で見ることができます。観光地であるワイキキからは車で1時間半ほどの場所です。ここでは多くのウミガメがビーチに横たわっていて、触ろうと思えば余裕のよっちゃんで触ることができます。

 

 

多くの観光客はウミガメを見るためにここまでくるわけなのですが

 

実は別にノースショアでなくてもウミガメは見ることができるんです。

 

 

僕はある日、友達とボールを投げて海で遊んでいた時、ボールが沖の方に流されて取りに行こうと泳いでいました。

 

 

その時何故だか、小学生のとき通っていたスイミングスクールで習ったバタフライを思い出し、水泳選手さながらバタバタ泳いでいました。よーやく、ボールに追いつくといったところで、

 

 

 

「痛ってーーーーーーーーーー!!!!!!」

 

 

 

左手に激痛が走りました。

 

 

初めは、岩に手を強打したのかと思いましたがよく見ると

なにやら1メートルほどの岩が動いているではありませんか!!

 

 

 

「ウミガメ!?!?!?!?!?!?!?」

 

 

というように、あくまでわざとではなく不慮の事故で項羽運を運ぶ海の守り神を殴ってしまいました。

 

 

このように、確率は低いですが、観光客で賑わうワイキキビーチにもウミガメが姿を見せることがあります。

 

 

もし、見かけてもそっと見守ってあげてください。
くれぐれもバタフライで殴るといった行為だけはしないようにお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北海道出身 22歳    好きな言葉は「デュクシ」 最近気にしていることは「青春時代の憧れの女優がどんどん、30代になっていくこと」 プロサッカー選手を目指し名門校入学→自分の実力を悟り、高校卒業後ハワイへ→YouTuberになり、コメント欄で傷つき早々に辞める→ハワイの短大卒業後帰国→学歴ロンダリングのため大学編入に挑むも全敗→ブロガーになる